製薬会社が作った高品質化粧品で人気のブライトエイジ。

そんなブライトエイジですが、成分は安全なのでしょうか?

 

ブライトエイジの成分を解析

ブライトエイジの成分を徹底解析しました。

クリア ミルククレンジング(メイク落とし)の成分

メイク落としの全成分

【有効成分】グリチルレチン酸ステアリル【その他の成分】アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチドF、マリンエラスチン、海藻エキス-1、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL‒PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L-グルタミン酸、水、濃グリセリン、イソノナン酸イソトリデシル、流動パラフィン、BG、トリエチルヘキサン酸グリセリル、イソステアリン酸POEグリセリル、ジメチコン、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、ラウロイルメチル‒β‒アラニンNa液、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ククイナッツ油、オレンジ油、天然ビタミンE、ラベンダー油、ローマカミツレ油、月見草油、ヒドロキシアパタイト、ベタイン、水添大豆リン脂質、パラベン、ソルビット液

パンテチン液、コラーゲン、マリンエラスチン、海藻エキス‒1(ヒバマタエキス)がメイクをしっかり落としつつ、しっかりと保湿してくれます。

クリア クリーミーウォッシュ(洗顔料)の成分

洗顔料の全成分

【有効成分】グリチルレチン酸ステアリル【その他の成分】アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチドF、マリンエラスチン、海藻エキス‒1、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL‒PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L‒グルタミン酸、水、ミリスチン酸、水酸化K、BG、ステアリン酸、濃グリセリン、ジステアリン酸グリコール、POE水添ヒマシ油、ステアロイルグルタミン酸2Na、白糖、 パルミチン酸、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、水添大豆リン脂質、ラウロイルメチルタウリンNa、オレンジ油、ヒアルロン酸Na‒2、ラベンダー油、ローマカミツレ油、ヒドロキシアパタイト、べタイン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、パラベン、ソルビット液

洗顔料にも、パンテチン液、コラーゲン、マリンエラスチン、海藻エキス‒1(ヒバマタエキス)が配合されており、洗顔しつつ保湿はバッチリです。

 

リフトホワイト ローション(化粧水)の成分

化粧水の全成分

【有効成分】トラネキサム酸【その他の成分】アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチドF、マリンエラスチン、海藻エキス‒1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL‒PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L‒グルタミン酸、グリセリルグルコシド液、水、BG、濃グリセリン、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、PEG1540、POE水添ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、無水クエン酸、水添大豆リン脂質、パラベン、ソルビット液

化粧水の注目は保湿成分はもちろん、トラネキサム酸が入っていることです。

このトラネキサム酸は、年齢肌炎症を抑えてくれます。

これにより、ターンオーバーやハリ、シワ、くすみなどを改善してくれる力を持っているんです。

 

リリフトホワイト パーフェクション(乳液美容液)の成分

乳液美容液の全成分

【有効成分】トラネキサム酸【その他の成分】アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチドF、マリンエラスチン、海藻エキス‒1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL‒PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L‒グルタミン酸、水、BG、濃グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、ベヘニルアルコール、N‒ラウロイル-L‒グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‒オクチルドデシル)、マカデミアナッツ油、シュガースクワラン、ステアリン酸ポリグリセリル、ワセリン、水添大豆リン脂質、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチコン、メチレンビス(イソシアナトシクロヘキサン)・PPG共重合体、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ポリビニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシビニルポリマー、油溶性カロットエキス、天然ビタミンE、オレイン酸ジヒドロコレステリル、ノナン酸コレステリル、スフィンゴ糖脂質、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、酪酸コレステリル、酪酸ジヒドロコレステリル、オレイン酸フィトステリル、水酸化K、パラベン、ソルビット液

美容液は下の成分により、ハリ、美白、高保湿を全方位からアプローチすることが可能になってます。

トラネキサム酸、3種類のセラミド、アミノ酸、パンテチン液、コラーゲン、マリンエラスチン、海藻エキス‒1(ヒバマタエキス)、アーティチョークエキス、イシゲエキスによって、

ブライトエイジはパラベンが危ない?

ブライトエイジには、パラベンが入っています。

パラベンというと、「え!?危険な成分だよね!?」

と真っ先に反応する人もいるのではないでしょうか?

多くの化粧品で、パラベンフリーをうたっているものが多いので、悪いものと判断しているのかと思います。

しかし、実は悪いものではありません。

下のお医者さんの見解をご覧ください。

一部の化粧品メーカーが、パラベンが表示指定成分だった過去を利用して“ウチの製品はパラベン使ってないですよ”というキャッチコピーを多用したせいで“パラベン=危ない?”という誤解がすっかり広まってしまいました。
ちなみに、2001年以降は医薬部外品でない限り、化粧品は全成分表示が義務になっていまして、すでに表示指定成分というルール自体がなくなっています。

このように、パラベンが危険というのは誤解ということがわかったでしょうか。

実際は特に害がない成分なので、配合されていても問題はないということです。

【まとめ】ブライトエイジは極めて安全

ブライトエイジは、安全な成分でしか構成されていません。

下の成分も無添加です。

合成香料
合成着色料
エタノール
成分の解析結果まとめ・ハリ、美白、高保湿にアプローチする成分がたっぷり
・パラベンが危険というのは誤解
・香料、着色料、エタノールも無添加

ブライトエイジに副作用があるか知りたい人は下の記事をご覧ください。
【危ない?】ブライトエイジに副作用はあるのか調べた結果・・